くろねこのぶらり島歩き

東屋から。

b0310259_08103209.jpg

2011年に訪れた生口島の瀬戸田地区にある潮音山の山頂近くに東屋がひとつあり、

訪れたこの日はまだ6月とはいえ少し暑くて、

しかも潮音山公園に登る山道を登って来たために少々汗だく気味で、

そこに現れたこの東屋には正直助けられました。

東屋下の日陰に座って上着を脱いでひととき涼みつつ眼下の景色を見ると、

左手には高根島。右手前には佐木島、彼方に三原の街並も見えます。


かつてまだしまなみ海道が繋がっていない時には、

彼方の三原方面からこのこの生口島の瀬戸田の町に耕三寺目指して大勢の人が訪れ、

船着き場から耕三寺へ連なるしおまち商店街は参拝客でたいそう賑わったと聞いています。

その人たちもこの潮音山の上に登り、この景色を眺めたりしたのかもしれません。

標高はそんなに無い山でしたが、眺めは非常に良かった事を覚えています。





[PR]
# by shimakuroburari | 2017-11-17 08:11 | 生口島 | Comments(0)

鍵曲がり路地。

b0310259_11100478.jpg

生口島の瀬戸田地区、海沿い近くで見かけた路地は、めずらしくクランク型に曲がっていました。

残念ながら写真ではちょっと分かりにくいのですが、

写真手前からまず一度右に曲がり、またすぐに今度は左に曲がって行きます。

古い町では良く見かける曲がりの路地ですが、

大きな街や最近整理された街では残念な事にまず見かけなくなりました。


ここは城下町ではなかったはずですが、何らかの理由があってこんな路地になったのでしょうか、

それともこの辺りに城か砦でもあったのでしょうか。

島巡りをして町の路地を歩いていると、こんな路地にたまに出合います。

もっと細い路地では良くある事なのですが、車の通れる道幅ではめずらしいかもしれません。

とは言え、道幅は狭いので自動車教習所のクランクコースぐらいでしょうか。

いい練習になるかもしれませんが、ちょっと最近の大きなワンボックスカーだったら、

運転技術の低い人だと、曲がるとガリッっとやってしまうかも・・・。





[PR]
# by shimakuroburari | 2017-11-07 11:13 | 生口島 | Comments(0)

コカコーラの看板。

b0310259_06540484.jpg

尾道市百島の福田港近く、海岸沿いから右に大きく曲がった所からいきなり見える大きな看板。

その見慣れた赤い看板は誰でも知ってる「コカコーラ」の看板。

こんな島のこんな道端で見かけるとは思わなくて思わずに2度見したのを覚えています。


付近に自動販売機などは見かけないので、その色あせ具合と傷み具合からして、

おそらくずいぶん昔からここに設置してあったんじゃないかと思われますが、

その色あせ具合と傷み具合が、周りの建物の年期具合に溶け込んでいて、まったく違和感を感じません。


ここにキンチョールだのボンカレーだのオロナミンシCだののレトロ看板が並んでいたり、

すぐそばに自動販売機でも並んでいたりしたら、

逆にこの「コカコーラ」の看板の存在感は薄まっていたかもしれませんが、

くすんだ板張りの建物の壁の真ん中に、で~んと居座るその赤い看板はよく目立っていました。


この看板の写真を見るたびに、百島を訪れて歩き回った時の事を思い出すのです。





[PR]
# by shimakuroburari | 2017-10-28 06:55 | 百島 | Comments(0)

SHARPの文字。

b0310259_11194346.jpg

尾道市の沖に浮かぶ百島を訪れたのは2010年の10月。もう7年も前の事になってしまいました。

その間に百島ではいろんな出来事があり、いろんな盛り上がりもあり、

自分が訪れた頃とはずいぶん変わって来ているのではないかと思います。もちろんいい意味で。


さて、その7年前に訪れた際、たしか本村地区を歩いていた時の事、

通りに面したちょっと広いところに目立つ白い建物があり、そこには見慣れた「SHARP」の文字が・・・。


建物は朝顔の蔓や葉で覆われていて全体像はハッキリしませんでしたが、

その作りと看板の「SHARP」の文字からして、ここは電気屋さんだったのではないかと推測。

よく見ると「SHARP」の文字の続きにうっすら取り外した看板文字の後があり、

おそらくそこにお店のロゴがあったんじゃないか、と想像出来ました。


今や「SHARP」の文字以外ここが電気屋さんだった様には見えませんが、

その名残の白い看板も、そして下半分全体を覆いつくしている朝顔の蔓や葉も、いやその佇まいさえ、

あの時はこの島の風景に自然に溶け込んでいて違和感を感じませんでした。


あれから7年。この「SHARP」の文字の残る元電気屋らしき建物はどうなってるんでしょうか。

それをたしかめに、またいつかゆっくり百島を訪れたいと思っています。





[PR]
# by shimakuroburari | 2017-10-18 11:24 | 百島 | Comments(0)

3つの椅子。

b0310259_07070327.jpg

山口県周南市の沖、大津島の馬島地区の入口辺りにあった小さな郵便ポスト。

その横に古びた折りたたみ椅子と事務椅子が並んで3つ置いてありました。


座面が汚れてないところを見ると、常に誰か座って使っている様子。

お天気の良い日なんかに、島の人たちがここに座って世間話に興じたりするんでしょうか。

意外とお気に入りの椅子や座り位置があったりするのかもしれません。


ここに、島のお爺さんやお婆さん、はたまたお婆ちゃんと孫、お爺ちゃんと飼犬、

子供たち、おばさんたち、漁師さんたち、若い学生たち、そして旅人たち、

そんな人たちが座ってくつろいだりおしゃべりしたり遊んだりしているところを、

映像が次々切り替わるように延々と想像していると、

ああ、この3つ椅子たちはその人たちの様子をずっとずっと見て来ているんだなぁと、

しばしちょっと感慨深く思って、この写真を見直しているところです。





[PR]
# by shimakuroburari | 2017-10-04 07:10 | 大津島 | Comments(0)