くろねこのぶらり島歩き

フェリーより。

b0310259_16014147.jpg

広島県の阿多田島より、対岸の大竹の小方港へ帰っている時に出会った夕日。

やわらかく薄いオレンジ色の光が空と海を照らし、

おそらく阿多田島へ戻って行くのであろう漁船が一艘、窓の外を横切っていく。

なんということのない窓越しの風景だけど、ずっと見ていたくなる。

こんなのんびりした時間があるから、フェリーに乗って島に行くのをやめられないのだ。






[PR]
# by shimakuroburari | 2018-02-11 16:02 | 阿多田島 | Comments(0)

鳥と人と。

b0310259_08263114.jpg
b0310259_08305725.jpg

今を去る事4年前に訪れた時の事です。今どうなっているか分かりませんが、

愛媛県の岡村島の港の沖には、長~い防波堤の先端に白い小さな灯台がありました。


最初に港の海岸通りを歩いていた時には、1羽の鳥が白い灯台に並ぶようにスクッと立っていました。

しばらくレンズ越しに眺めていたのですが、そいつはまったく身じろぎもせず、

なにかをじっと見つづけるように視線を動かす事すらしていませんでした。


そのあと数時間してふたたび港の海岸通りを歩きながら灯台の方を見てみると、

あの鳥はもういなくて、ひとりの太公望が竿を出して魚を釣っていました。


自転車があるのでこの先まで自転車に乗って来たのでしょう。

これまたしばらくレンズ越しに眺めていたのですが、この太公望もあの鳥と同じく、

竿を動かす事も無く身じろぎもせずじっと立っていました。

そして同じく、何かをじっと見つづけ視線を動かす事もありませんでした。

おそらく海に浮かぶ釣りの浮きをじっと見つづけていたのでしょう。


この太公望が動く時は、魚が釣れた時か逆に釣れなかった時か・・・

ちょっとその時までレンズ越しに覗いている辛抱強さは持ち合わせていなかったので、

カメラを仕舞い、そそくさとその場を離れて散策の続きに戻りましたが、

奇しくも同じ場所で同じようにじっとしていた鳥と人を見て、

ああ、人も鳥もこうしてみるとやってる事は同じなんだなぁと、何となく思った次第です(笑)。





[PR]
# by shimakuroburari | 2018-01-27 08:31 | 岡村島 | Comments(0)

石灯籠。

b0310259_11102241.jpg

高根島の海岸沿いで見かけたとある神社は、とにかく石燈籠の数が多くて、

石段を少し上がって振り向くとご覧の通り鳥居を挟んで左右にずらっと石灯籠が並んでいる。


下の方の灯籠と石段から始まる石灯籠はちょっと形の種類が違っているが、

よく見ると、石灯籠に灯りをともした様な形跡が残っているので、

なにか祭事などの折にはちゃんと蝋燭の明かりなどを灯しているらしいのが分かる。


石段の途中からこのズラッと並んだ石灯籠をしばらく眺めていて、

ふと、夜の帳の中でこの石灯籠たちに蝋燭の明かりが灯っている光景を見たくなった。





[PR]
# by shimakuroburari | 2018-01-16 11:13 | 高根島 | Comments(0)

2018年。

b0310259_17232775.jpg

少し遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。


今年も、これまでもしくはこれからまた色々な島を歩いて見てきたもの

そして出会ったもの思った事など、マイペースで更新してご紹介していこうと思っています。

寒いのが苦手なので、春になって暖かくなってきたら、

新しい島を選んで、ぶらりぶらり巡って行こうと計画しています。


また今年も気が向いたらふらっとお越しいただけたら嬉しいです。





[PR]
# by shimakuroburari | 2018-01-06 17:24 | 佐木島 | Comments(0)

2017年ラスト。

b0310259_06594308.jpg

相変わらず今年もドタバタしたりして更新が滞り気味でしたが、

それでもなんとか年末までコツコツBlogを続けることができました。

2018年のこの日もまた今年のようにご挨拶出来れば、と思っています。

来年春には念願の桜巡りで何処かの島のを訪れてみたいと計画中。


それでは皆様、気が向いたら来年もまたお越しください。


※写真は広島市宇品港。向こうに見えるのがフェリーの行き先の似島。





[PR]
# by shimakuroburari | 2017-12-28 07:00 | その他 | Comments(0)