くろねこのぶらり島歩き

なつかしい机。

b0310259_714896.jpg

この3月。久しぶりの島巡りで訪れた広島市沖の似島を歩いていた時に、
道の片隅で見かけたのがこの小さな机。
分かる人には分かるこの形。
たとえば自分にとっては、小学校や中学校の教室で使っていた1人用の机。
椅子も確かお揃いのデザインだった。
両脇の横に掛けるところが着いていて、天板の角が丸くなっているこの形の机は、
自分が小学校の中学年あたりから一斉にこれに変わったという覚えがある。
それまでは机の天板が上に開いて中にモノが入れられるタイプだった様な気がする。
もしかしたら横長にくっついていて2人用になっていたかもしれない。

その懐かしい机を島の道端で見かけるとは思いもよらせなかったが、
久しぶりに見るその懐かしい机は記憶の中のそれよりずっとずっと小さくて、
こんな小さな机で授業を受けていたのか、と、少し驚いた。

さて、この机、ここに置かれるまでどんな子供たちが使い継いで来たのだろうか。
[PR]
by shimakuroburari | 2017-05-10 07:15 | 似島 | Comments(0)