くろねこのぶらり島歩き

思い出した光景。

b0310259_07060649.jpg

風の強い日の広島県呉市の上蒲刈島をぶらついていた時のこと、

海岸線でたくさんの海鳥たちが一斉に同じ方角を向いてじ~っと立っているのを見かけました。

風か強いから風上の方を向いて立ってるんだろうなぁと思うのですが、

その時これを見た時はなんとなくちょっと笑ってしまった事を覚えています。


笑ってしまったワケは、実はこれと同じ光景をこの日より前の20年近く前、

北海道を放浪していた時に最北の礼文島で何度も見た事を思い出したからです。


稚内からフェリーに乗って礼文島に渡ったのは、台風が近づいて来ていた1993年の夏のこと、

今思えば良くフェリーが出航したなと思うのですが、とにかくも礼文島着。

車は稚内に置いて来たので、

最北のスコトン岬に行くには自転車かバイクを借りなくては行けません。

何件かあるレンタル屋を訪ねましたが台風を理由に断られ、

ようやく渋々貸してくれた1軒で借りたスクーターに乗ってスコトン岬を目指しました。


ところが近づく台風の影響で風がどんどん強くなり、

海沿いを走るスクーターが時折強く吹く風に煽られ一瞬横に3~4メートル横滑りする始末。

対向車などはまったくいないので、むしろこの状態をメットの中で笑っている自分がいました。


そんな状態の時、海岸線に風を避けて降り立っていた海鳥たちが、

上蒲刈島の光景と同じようにズラッと同じ方向を向いていたのを何度も見かけました。

海鳥の数は上蒲刈島のそれを圧倒し数倍は居たと思います、。

それがスコトン岬と港を往復する間に何ヵ所も同じ光景を見せてくれました。


港に帰ってスクーターを返した時には、

レンタルしてくれた島の宿の人が台風の中の無事を喜んでくれたのを今でも覚えています。


それにしても・・・礼文島からの帰りのフェリーも無事出航し稚内に帰れましたが、

あんな台風の影響の中でよくもまあ帰りも出港したなぁといまだに思います。


そんなこんなもあって、上蒲刈島であの光景を見た時にそれらの記憶を一瞬思い出し、

思わず笑ってしまったのだと、そのすぐ後に思い当たったのでした。





[PR]
by shimakuroburari | 2017-12-11 07:10 | 上蒲刈島 | Comments(0)