くろねこのぶらり島歩き

鳥と人と。

b0310259_08263114.jpg
b0310259_08305725.jpg

今を去る事4年前に訪れた時の事です。今どうなっているか分かりませんが、

愛媛県の岡村島の港の沖には、長~い防波堤の先端に白い小さな灯台がありました。


最初に港の海岸通りを歩いていた時には、1羽の鳥が白い灯台に並ぶようにスクッと立っていました。

しばらくレンズ越しに眺めていたのですが、そいつはまったく身じろぎもせず、

なにかをじっと見つづけるように視線を動かす事すらしていませんでした。


そのあと数時間してふたたび港の海岸通りを歩きながら灯台の方を見てみると、

あの鳥はもういなくて、ひとりの太公望が竿を出して魚を釣っていました。


自転車があるのでこの先まで自転車に乗って来たのでしょう。

これまたしばらくレンズ越しに眺めていたのですが、この太公望もあの鳥と同じく、

竿を動かす事も無く身じろぎもせずじっと立っていました。

そして同じく、何かをじっと見つづけ視線を動かす事もありませんでした。

おそらく海に浮かぶ釣りの浮きをじっと見つづけていたのでしょう。


この太公望が動く時は、魚が釣れた時か逆に釣れなかった時か・・・

ちょっとその時までレンズ越しに覗いている辛抱強さは持ち合わせていなかったので、

カメラを仕舞い、そそくさとその場を離れて散策の続きに戻りましたが、

奇しくも同じ場所で同じようにじっとしていた鳥と人を見て、

ああ、人も鳥もこうしてみるとやってる事は同じなんだなぁと、何となく思った次第です(笑)。





[PR]
by shimakuroburari | 2018-01-27 08:31 | 岡村島 | Comments(0)